イアン・マーツ
Ian Mertz

トロント大学計算理論学部所属
カナダオンタリオ州トロント
10キングス・カレッジ通り
サンフォード・フレミング館
SF4302C研究室

名字 [あっと] cs.toronto.edu

自己紹介

トロント大学大学院計算理論学部所属。現在博士課程4年生で、 ありがたいことにToniann Pitassi教授 より日々ご指導頂いています。 かつて ラトガーズ大学コンピュータサイエンス学部卒業。

近年着目している研究テーマは計算複雑性理論、 特に証明複雑性、arithmetic回路計算量、 触媒計算についても 研究を続けています。今後は量子コンピュータの計算複雑性理論 に関しても研究を進めたいと考えています。

現在計算理論学部生ゼミを担当していますので、ご質問がある方はお気軽にtssadmin [at] cs.toronto.eduまでご連絡ください。

最新のCVはこちら

研究発表

出版(理論計算機科学)

Lifting with Sunflowers
Catalytic Approaches to the Tree Evaluation Problem
Automating Cutting Planes is NP-Hard
Short Proofs Are Hard to Find
Dual VP Classes
Complexity of Regular Functions

草稿・雑

Catalytic Computing, Tree Evaluation, & Clean Computation
Ian Mertz
論文の提案・関連項目:Catalytic Approaches to the Tree Evaluation Problem. [スライドショー]
Catalytic Computing Between L and P
Ian Mertz
一次試験・関連項目:Catalytic Approaches to the Tree Evaluation Problem [スライドショー]
Proof Complexity and Automatizability
Ian Mertz
修士論文・関連項目:Short Proofs are Hard to Find [スライドショー]
Transforming Potential into Promise: A Depth-First Approach
Rajiv Gandhi, David Jacobowitz, Ian Mertz
未刊
ティーチングアシスタント
fall 2020 CSC 236
CSC 2426
計算理論額の導入
暗号学の基礎
2019年 秋期 CSC 165 コンピュータ科学向けの論理的表現と推論
2019年 冬期 CSC 165(二つ) コンピュータ科学向けの論理的表現と推論
2018年 冬期 CSC 165
CSC 463
コンピュータ科学向けの論理的表現と推論
計算複雑性と計算可能性
2017年 夏期 CSC 373 アルゴリズムデザイン・解析・複雑性
2017年 冬期 CSC 463 計算複雑性と計算可能性
2016年 秋期 CSC 165 コンピュータ科学向けの論理的表現と推論
2015年 秋期 CS 509 コンピュータ科学の基礎
研究歴
English